鏡で全身を見てみよう!

  • 投稿日:
  • by

年齢は顔にも体にも、雰囲気にも出てくるものです。いくらきれいな服を着て若々しく振舞ったとしても、それなりに年齢はちゃんと出てくるのです。ちゃんと普段からしっかりと健康管理をしたり運動をしている方だと若々しく見えますが、不摂生がずっと続き、それがもう習慣となっている方は老けて見えるかもしれません...。

逆に言うとしっかりと運動をしたり普段から健康的に過ごしていない方は実年齢よりも老けて見える...なんてことがあるかもしれません...。恐ろしいですよね。いえ、「見えるかも」ではなく、もうすでに周りの人からあなたは実年齢よりも老けて見られているかもしれません。恐ろしいですよね。

 

老けて見えるポイントは下に出ます。つまり顔だと顔の下部分、顎回りや首に出るのです。そのあたりがたるんでくると老けて見えます。この部分がすっきりとしていると若々しくみえます。そして体で言うと下半身です。下半身がすっきりとしていると若々しく見えます。この下半身は腰回りの部分も含めます。腰回りに脂肪がついている方は老けて見られがちだということです。

 

肉がつく、ということは防ごうと思えば可能なことです。それはダイエットをする、ということですよね。ダイエットには当然、食事制限も必要です、それよりも運動が大切です。運動をすることによって新陳代謝をよくしたりすることはダイエットにつながりますよね。だからダイエットには運動することが必要です。でも運動が嫌い、苦手な人います。そんな方には運動しないダイエット、という方法もあります。

運動しないダイエット        http://www.xn--ick8azby05sef1ahqrmi7a5cax34b.com/sleep/

 

いつまでも若々しく痛い、と思うのなら体に肉・脂肪がつくのを防ぎましょう。重力と仲良くして、顔の顎回りや体の下半身に肉がつくと老けてみますから、それを防ぎたいのなら予防が一番です。それにはダイエット!です。

 

冷静にあなたの体を鏡に映してみて...どの部分の肉を取ればもっと若々しく見えるか、考えてみましょう!!そしてその部分の脂肪がなくなったら自分がどれほど若々しく見えるかイメージトレーニングをして、ダイエットのモチベーションを高めましょう!

本当の美しさとは?

  • 投稿日:
  • by

本当に美しい人とはどんな人なのでしょうか。

もちろん若い女性は何もしなくても美しい、ですよね。若さがその人を輝かせているのだと思います。若いからこその純粋さや美しさはちょっと年齢を重ねた人にはまねできないことですよね。

年齢を重ねても若くありたい、と無理をしている人はあまり美しく見えずに、痛々しく感じることも...。それはちょっと悲しい。「年相応」という言葉は褒め言葉ではありませんが、でも時には「年相応」に見えることも大切だという事です。

では、年齢を重ねても美しい人とそうでは無い人の差は何でしょうか。

ありがちな答えですが、その心意気だと思います。好きな事をずっと続けている人はやはり心が若いです。心が若いとその人のなりも若々しく、エネルギーを感じます。これがうまく年齢を重ねるコツでしょう。好きな事を、たとえ趣味でもずっと続けられる方は美しいですね。

 

また美しさを感じる人についてしっかりと覚えておきたいのが身なりを整えることです。常に身なりを気にして、周りから自分がどのようにみられているか意識している方は背筋もピンとしていて、美しいです。どれほど隠していてもその人柄というものは必ず雰囲気などに表れるものです。身なりを着にできるほど気持ちに余裕を持っている人は生活にも余裕があるというものです。それは何もお金をかけて生活する、高級なブランドものを身に付けるという事ではありません。自分の身の丈に合う服を心地よく着る、ということは気持ちに余裕がないと出来ないものです。ですから美しくありたいのでしたら身なりも整えたいですね。

 

そして本当に美しさを手に入れたいのなら、雰囲気として纏いたいのなら、凛としたものを自分に持ちましょう。一本審が通っている、なんていう言葉のように自分自身の豊かな人生のために、自分を美しく見せたいのであれば何かこだわりを持つのも有効だと思います。

 

このように本当の美しさとは、やはり外見ではなくその人の「なり」です。これさえ忘れなければ、何歳になっても美しくいられるでしょう。

スタイル美人は自分に厳しい

  • 投稿日:
  • by

美しい顔にバランスの取れたスタイル。

これって誰もが憧れるものです。特に多くの女性はそのために多大な努力しているでしょう。綺麗な顔だけでは女性は満足できません。大抵の女性は美しいスタイル、どんな洋服でも着こなせるようにスタイルの持ち主には憧れのまなざしを向けます。生まれつき美しい、といったラッキーな方もいらっしゃいますが、他人の目から見て美しいと思われる女性はたいてい、とても努力をしています。そのような方は美に気を使うだけでなく健康にもとっても気を使っているものなのです。

 

美しさを求めたいのならまず、第一に健康に気を使いましょう。

近頃の日本人女性は痩せ過ぎな人が多い。いつから日本人女性は「細いねー」や「やせたねー」が褒め言葉として受け取るようになったのでしょうか!?細い、という言葉は欧米では褒め言葉として受け取られません。細いねーと欧米人を誉めるつもりでいうと、もしかすると誤解を招くかもしれません...。欧米人もアジア人も女性は「綺麗ねー」と言われた方が嬉しいに決まっています。「細い=美しい」という考え方は特に日本でもてはやされているように感じます。この考え方から日本人女性は細ければ細いほど美しい、と思う...、方もいらっしゃいます。でもそうではありませんから。

 

「バレリーナ」というともしかするととっても細く美しい女性の代名詞、のように思われるかもしれません。でもそんなバレリーナの世界でも細すぎるバレリーナは健康的ではないとされ、舞台で踊る事が出来なかったり、ひどい場合は病院に行くように勧められます。細すぎる、ということは健康的でない、とみられ、そのようなダンサーは舞台で踊るだけのエネルギーを持っていないとされ、バレエ・プロフェッショナルと考えるうえで力不足、という事です。このようなダンサーは世界的にみて、日本人に多いように感じます。

 

美しいスタイルを手に入れたかったら、努力は絶対にしなければいけません。でもその努力の仕方を間違えないようにしなければ、「元も子もない」事態に陥るかもしれません。もちろん健康で美しい身体を手に入れるには毎日のケアが大事です。 ムダ毛がはみ出ていたなんてことがないように脇永久脱毛は必須ですね。

それこそ脇が甘い!なんてことになりかねませんから。